イギリスビザに関するご質問 | イギリス留学無料エージェント
イギリス留学スクエア

イギリスビザに関するご質問集

イギリスビザに関連するご質問

イギリス留学でのビザにまつわるご質問をまとめてみました

イギリスで勉強できるビザについて教えてください

イギリスで勉強する場合、6ヵ月未満の期間であれば事前にビザの申請は必要ありません。イギリス入国時に学校の入学許可証を提示することで学生ビジタービザがもらえます。6ヵ月以上滞在して勉強する場合は、事前にビザの申請が必要となります。その場合、大きく分けて2つございます。まず1つが、学生ビザ(Tier4)です。これは6ヵ月以上滞在して学習する場合に必ず事前に日本で申請しなければなりません。学生ビザは要件があって、学位未満のコース(例えば英語コース)受講の場合は英語能力を証明しなければビザの申請ができません。学生ビザを取得できれば、現地での延長はできます。英語能力が足りない場合は、英語学習に限り最長11ヵ月間の滞在が認められる長期学生ビジタービザ(ESVV)が申請できます。このビザは英語能力の証明の必要はありませんが、現地での延長や就労はできません。

学生ビザで働くことはできますか?

語学学校に通っている場合は働くことが認められていません。ただし、大学などの高等等教育機関で就学する場合は週20時間の就労が認められています。公立カレッジなどの職業訓練校では週10時間の就労が認められています。

学生ビジタービザで働くことはできますか?

できません。

学生ビジタービザから学生ビザに現地で切り替えることは可能ですか?

学生ビザはパスポート保有国で申請することが基本となっています。そのため学生ビジタービザから学生ビザへの切り替えは現地ではできません。一旦日本に戻ってきて学生ビザを申請する必要がございます。

学生ビザで求められている英語レベルはどの程度でしょうか。

学生ビザ申請のための英語能力の証明は、UKBA公認の英語能力試験のスコアを提出しなければなりません。代表的なものはIELTSやTOEICとなります。各試験で最低スコアが決められており、IELTSの場合は各セクションで4.0以上、TOEICはReadingとListeningでそれぞれ275以上、SpeakingとWritingでそれぞれ120以上となっています。

学生ビジタービザは必ず6ヵ月の滞在が認められるでしょうか?

そこは入国審査官の判断になりますので、弊社の方で必ず6ヵ月滞在できるようになるとは言い切れません。場合によっては滞在期間が制限される場合もありますので、6ヵ月滞在をご希望される場合はできるだけ滞在期間が6ヵ月に近くなるようにコース登録されることをお勧めいたします。

長期学生ビジタービザは必ず11ヵ月の滞在が認められるでしょうか?

これもビザ審査官の判断になりますので、弊社の方で必ず11ヵ月滞在できるとは言い切れません。11ヵ月滞在ご希望の場合は、必ず学校のコースを6ヵ月以上お申込み頂いて、ビザ申請時に提出する資金証明を十分に提示できることが最低限必要になるかと思います。

ワーキングホリデービザの取得は厳しいと聞いたのですが。

はい。毎年1000名の枠に非常に多くの方が応募されています。留学スクエアで扱っている国の中で最も取得困難なビザとなっています。毎年応募・申請方法が何かしら変わっていますので、最新の情報を確認したうえでビザの応募に臨みましょう。また取得が確実とは言えないビザですので、イギリスのワーキングホリデーのビザが取れなかった場合のシナリオも別途考えておくとよいかと思います。

PAGETOP
Copyright © トランスリエゾン株式会社 All Rights Reserved.