6ヵ月未満の短期学生ビザ(Short Term Study)

イギリス短期ビザ(6ヵ月未満)について

イギリスのビザの規定は予告なしに変更されることがあります。当ウェブサイトではできるだけ最新の情報を掲載するよう努めていますが、やむを得ない事情により掲載情報が最新でなくなってしまっている場合もありえます。当ウェブサイトでのビザ情報は参考としてご確認いただき、最新ビザ情報の詳細は必ずUKVIのウェブサイトをご確認いただきますよう、お願いいたします。

短期学生ビザについて

イギリスの短期学生ビザはShort-Term Studyビザと呼ばれていいます。このビザは、「6ヵ月未満の滞在」「6ヵ月以上の滞在」とで分けられています。こちらでは「6ヵ月未満滞在」するケースについての短期学生ビザについてご紹介します。

この6ヵ月未満の短期学生ビザ(Short-Term Study)ビザに関する要件は以下の通りとなっています。

イギリス滞在が勉学目的である

Short-Term Studyという名称が付いていることからもわかるかと思いますが、このビザの目的は勉学です。イギリスで勉強することが大前提のビザとなっています。いくつか制約はありますが、基本的には英語学習であれ、専門スキルなどの職業訓練であれ、大学などでの短期聴講などでも目的が勉学であればこのビザのポリシーに該当します。

勉学目的での滞在が6ヵ月未満

この短期学生Short-Term Studyビザによる滞在でイギリスに滞在できる期間は最長で6ヵ月までと決められています。イギリスに入国してから最長で6ヵ月間までとなっています。コースの受講期間が6ヵ月までという事ではないので、この点はご注意ください。

通える学校の制約

この短期学生ビザで通う事ができる学校には制限があります。主な学校はTier4学生ビザのスポンサー認定を受けている学校になりますが、語学学校などはTier4スポンサーでない学校も多いため、他には、English UK認定校、ブリティッシュカウンシル認定校、ABLS認定校など、いくつかの指定された認定団体によって認定されている学校でなければなりません。

Short-Term Studyビザで留学される方の多くは語学学校だったりもします。イギリスの語学学校のほとんどがEnglish UKに認定されていますので、まず語学留学の場合は大丈夫だと思いますが、念のため語学学校がEnglish UKに認定されているか確認しておきましょう。

ビザの申請

日本国籍の方がShort-Term Studyビザで6ヵ月未満イギリスに滞在する場合は、事前にビザ申請する必要はありません。Tier4や同じShort-Term Studyの11ヵ月まで滞在できるビザの場合は事前のビザ申請が必要になりますが、この6ヵ月未満のShort-Term Studyビザでは、日本国籍の方はビザ申請する必要はなく、イギリス入国時にパスポートにスタンプを押してもらう形で、ビザの付与を受けるようになります。

短期学生ビザの必要書類

日本国籍の方は事前のビザ申請は必要ないといっても、イギリスの空港で提示しなければいけない書類はいくつかあります。事前にしっかり準備して、イギリス入国時に提示できるようにしておく必要があります。

必要書類

  • 現在有効なパスポート(申請日から最低6ヵ月間有効なもの)
  • 学校発行のビザレター(入学許可証)
  • 留学資金の証明(滞在期間分賄える資金)
  • イギリス出国用の航空券
  • イギリスでの滞在先がわかるもの
  • 入国カード(イギリス到着の機内でもらえます)

イギリス入国時の審査官によって提示が求められない書類もありますが、実際に対応する審査官により異なるので、求められないかもしれないと言えども入国拒否を避けるためにもしっかり準備をしておいて損はないと思います。

パスポート

パスポートは、全ての方に必須アイテムです。理想は留学する学校に申込みするまでにパスポートを取得しておきましょう。

入学許可証(ビザレター)

留学する学校が発行してくれます。この書類でどの学校でいつからいつまで勉強するのかを証明することになりますので必ず必要です。この入学許可証も全ての方に必須アイテムです。

留学資金証明

審査官によっては求められなかったというケースもありますが、留学期間の費用を賄えるための資金を持っているか証明できるように準備をしておきましょう。証明手段はそれぞれですが、現金・クレジットカードの口座の残高証明など特に決まりはありません。

イギリス出国用の航空券

留学修了後にイギリスを出国することを証明するものとして、出国用の航空券の提示は必須です。この証明ができないとイギリスにそのまま居座るのではないかと誤解されて入国拒否にあう可能性もありますので、イギリス出国用の航空券は提示できるようにしておきましょう。

滞在先がわかるもの

こちらも求められない場合もあるかもしれませんが、イギリス留学中にはどこに滞在するのか滞在先の住所がわかる書類も準備しておきましょう。語学留学の場合で、語学学校で滞在先を手配される場合は、滞在先の確認書類などを用意しておくと良いと思います。

入国カード

イギリス入国時に記入する入国カードです。イギリスの空港に到着する航空機内の機内で配布されますので、イギリス到着までに機内で記入しておくと良いかと思います。

短期学生ビザの諸条件や注意事項

短期学生Short-Term Studyビザでは、いくつか条件や注意事項があります。事前にしっかり確認しておき、気づいたらビザの規約に違反してしまっていたということが無いようにしっかり以下の項目に留意しておいてください。

就労について

Short-Term Studyビザでは就労は一切認められていません。そのためイギリスで働くことはできないので、注意しておく必要があります。無給であってもこのビザで就業体験やボランティアなどにも従事することはできませんのでご注意ください。

滞在期間について

イギリスに滞在できる期間はイギリス入国日から6ヵ月までとなりますが、「受講コースの終了日から30日まで」滞在できることが基本となります。受講コース修了日から30日以内でも、その日付がイギリス入国日から6ヵ月以上経つようになる場合は、イギリス入国日から6ヵ月後の日付がイギリス出国日として優先されることになります。

【4月4日に入国して7月10日に授業終了の場合】

短期学生ビザの滞在期間規定説明その1

【4月4日に入国して9月18日に授業終了の場合】

短期学生ビザの滞在期間規定説明その2

ビザの延長

上記の滞在期間の制約があるため、Short-Term Studyビザの延長はできません。学校の授業の延長はできますが、出国期限までに出国できる範囲内に収まるようであれば授業の延長はできます。

イギリス入国時

イギリス入国の際には、上記で説明した関連書類を提示してパスポートにスタンプを押してもらわなければなりません。2019年5月から入国審査場で導入されているエレクトリックゲートを通過してしまうと学校で授業を受けられなくなります。そのためShort-Term Studyビザで入国するためには、エレクトリックゲートを通ることなく必ず審査官のいるブースを通るようにしてください。

まずはお気軽にお問い合わせ下さい。

メールや電話での執拗な営業行為
などは一切行っておりません。


無料で留学の相談をする


無料の見積もりを依頼する